くすりの情報~リレンザ編~

リレンザはインフルエンザの予防としても使うことができます。しかし、病院で処方してもらうには保険適応とならないため、おおよそ7000円くらい掛かってしまいます。予防のためにリレンザを使いたいのであれば、ネット通販を利用して安く手に入れましょう。

くすりの情報~リレンザ編~

リレンザを予防で使う時は保険適応外

一般的に風邪やインフルエンザに関わらず、病気を治す為の治療薬を貰う際には、保険が適用になることが普通です。
しかしインフルエンザを治療することの出来る薬の一つとしてリレンザがありますが、このリレンザを予防目的で投与してもらう場合は保険を使うことが出来ませんので、全額自己負担となってしまうのです。
なぜならそもそもリレンザを予防目的で使う分にはまだまだ病気になっていないからです。まだ病気になっていない人に処方する予防薬についてまで保険を適用するなど出来ないと、国は考えているわけなのです。
なのでリレンザを予防目的で処方してもらう人というのは、経済的に余裕がある人が多いのです。
普通の人は経済的にそれ程余裕がないことが当たり前ですので、インフルエンザを予防する為には予防接種を受けるだけで精一杯と感じているものなのです。
しかしそのような不景気の世の中にあっても、全額自己負担になってしまったとしても、リレンザをインフルエンザの予防の為に何としてでも手に入れたいと思っている人は沢山いるものです。
何故ならインフルエンザになってしまった場合は会社を長期で欠勤する必要が出て来る為、結局リレンザを全額自己負担で手に入れた場合よりも、大きな損失になってしまうからです。
そこまで考えている賢い頭の良い人こそが、リレンザを処方してもらって使用してインフルエンザを予防しているのです。
もちろん予防接種だけを受けた場合でも、基本的には十分なインフルエンザ予防効果を期待出来ると言われています。
なので全額自己負担を覚悟しても何としてでもリレンザを手に入れなければいけないと気負う必要は全然なく、自分に出来る範囲の予防をしていけば良いのです。

リレンザを病院以外で買う方法

インフルエンザを治療したり予防したりする為に使う薬であるリレンザですが、通常は病院に行って医師の診察を受けた上で処方してもらって手に入れるのが一般的です。
しかし中には色々な事情から病院にはなかなか行けないという人も多いことでしょう。
そのような人は何とかしてリレンザを病院以外で買うことは出来ないものかと、考えるものなのです。
結論からいうと、リレンザを病院以外で買うことは出来ます。
例えば通信販売によって手に入れることも出来ますし、インターネットオークションに出品されている場合もあるので、入札して購入するということも出来ます。
しかしやはり一番安心なのは直接病院に行って処方してもらうという入手方法ですので、余程の理由がない限りは病院に行って処方してもらうようにするべきでしょう。
病院でリレンザを処方してもらうメリットは沢山あります。
まず医師から処方されるので、しっかりとした使用方法についてもアドバイスをくれますので、初めて服用するという人でも安心です。
更に万が一副作用が出てしまった場合でも、診察してくれた医師に相談をすることが出来ますので、安心して継続して使用することが出来るのです。
しかし通販やインターネットオークションでリレンザを手に入れた場合、満足な使用方法についての説明を受けることが出来ないことが多く、当然副作用が出てしまった場合も誰にも相談することは出来ません。
なのでやはり余程の理由がない限りは、ちゃんと病院に行ってリレンザを処方してもらうようにするべきです。特に生まれて初めてリレンザを使用するという人の場合は尚更です。
何故なら病院に行ってしっかりと使用方法についての説明を受ける必要があるからです。

リレンザの効果的な使い方

リレンザをインフルエンザにかかってしまった時に症状の緩和の為に使用しようとする人は非常に多いものであり、それが一番オーソドックスなリレンザの使用方法なのだとも言えます。
しかしリレンザにはインフルエンザを治療するだけでなく、予防する効果もあるのです。
むしろ予防目的の為に使った方が、効果的に使用できるとも言えるのです。
なぜならインフルエンザになってから使った場合は症状を緩和させることはもちろん出来ますが、それによって病気が完全に治るわけではなく、結局は完治するまで会社を休むなどしなければいけないからです。
しかしリンレザを使用してインフルエンザになってしまう前に予防をすることが出来たならば、そもそもインフルエンザにかかってしまうということもありません。
そうすれば会社を何日も休む必要もありませんし、発熱等の辛くて苦しい思いをしてしまうこともないのです。
なのでリレンザはインフルエンザを予防する為に使うのが、最も効果的な使い方だと言えるのです。
しかし中にはリレンザを予防目的としては使いたくないという人も沢山いるでしょう。
その一番大きな理由が、リレンザを予防目的の為に処方してもらう場合は保険が適用されずに全額自己負担になってしまうからというものです。
現代人はとにかくあまりお金に余裕はありませんので、まだ実際にインフルエンザにもなっていないのにリレンザを全額自己負担で処方してもらうなんて信じられないという人が非常に多いのです。
もちろんそのような気持ちも分かるというものですが、それでもインフルエンザをより確実に予防出来るということを考えると、やはり全額自己負担であったとしても、それ程大きな出費ではないと言えるのです。
リレンザ | 治療薬 | インフルエンザ