リレンザはインフルエンザの予防としても使うことができます。しかし、病院で処方してもらうには保険適応とならないため、おおよそ7000円くらい掛かってしまいます。予防のためにリレンザを使いたいのであれば、ネット通販を利用して安く手に入れましょう。

くすりの情報~リレンザ編~

インフル検査方法やリレンザと使用注意の空気乾燥機

インフルエンザは冬から春にかけて日本全国で流行しやすい病気ですが、インフルエンザの検査方法については日々進化しており、どんどん簡単になってきています。インフルエンザの検査方法は鼻の奥の粘膜を採取して検査キットにかけるタイプが一般的ですが、発症してすぐはインフルエンザウイルスの型が判明しないこともあり、型が不明なままの治療となることもあります。型が判明しない状態でよく処方されるのはタミフルとリレンザです。どちらもインフルエンザウイルスの増殖を抑える薬です。検査方法は進化していますが、粘膜を利用するのがもっとも早く確実であると考えられています。インフルエンザウイルスの増殖を抑える治療は時間との勝負となります。タミフルなら48時間、リレンザなら24時間以内の投薬が重要と言われており、インフルエンザの諸症状が現れたらすぐに医師の診断を受けることが大切です。また、リレンザについては粉末になっていますが、飲むのではなく吸入するタイプです。喉から吸入することが重要であり、専用の吸入器も配布されます。吸入は治療の場合は1日2回、予防として利用する場合は1日1回が基本です。治療は5日程度行なわれ、予防は10日が基本となっています。用量を適切に守ればウイルスの増殖を抑えて回復が早まることが多いですが、諸症状がなくても2日程度は外出をひかえ、インフルエンザウイルスの拡散を防ぐことが大切です。インフルエンザの対処としては湿度が重要です。空気乾燥機などで空気を綺麗にしようとする家庭も多いのですが、空気乾燥機ではウイルスの拡散を早めることがあり、空気乾燥機ではなく、加湿型の空気清浄機を利用することが望まれます