リレンザはインフルエンザの予防としても使うことができます。しかし、病院で処方してもらうには保険適応とならないため、おおよそ7000円くらい掛かってしまいます。予防のためにリレンザを使いたいのであれば、ネット通販を利用して安く手に入れましょう。

くすりの情報~リレンザ編~

リレンザ・温度計・飛沫感染対策でインフルエンザ予防

毎年冬から春にかけて全国的に流行するのがインフルエンザです。日本では香港A型などA型とB型が流行する場合が多いです。流行は地域性があまりなく、温度の変化とともに感染が広がる傾向があります。自治体や学校、職場ではさまざまな予防方法が試されていますが、決定的な方法はなかなか出ていないようです。インフルエンザ予防では手洗い、ウガイを基本としてさまざまな方法が提案されています。その中で特に重要視されているのが3つの方法です。1つは温度計を使って室温、湿度を適正にすることです。インフルエンザウイルスは21度から24度がもっとも増殖しやすい温度と言われています。しかし、室温だけではウイルスは増殖しづらいく、湿度も影響してきます。湿度は20%を切ると活動が激しくなると考えられており、冬場温度計と湿度計をしっかり見ながら室内の環境を整えることが大事になります。室温については人間が快適な温度とほぼ同じなので変更が難しいですが湿度は加湿器などを使えば調整できますので適切な環境づくりが重要です。2つ目は飛沫感染対策です。インフルエンザウイルスは飛沫感染しますので飛沫感染対策として感染者のマスクの利用が重要です。日本では感染したくないからマスクを利用する場合が多いのですが、感染者こそ飛沫感染対策でマスクを利用すべきです。3つめはリレンザの利用です。リレンザはインフルエンザ治療薬として認知されていますが、抗ウイルス薬として予防薬としても利用可能です。治療と違い1日1回の吸入ですみますので簡単に利用できますし、錠剤が苦手な方にも利用しやすく、味も苦くないのでお子さんでも吸いやすいのがメリットです。特にインフルエンザを家族が発症指定しまった場合は、温度計や湿度計で室内環境を整え、リレンザを予防薬として早めに利用することが大事です